fc2ブログ

愛知県のGTR専門店「シングルハート」の裏側へようこそ!!

GTRをメインにお預かりしたお車の整備内容を日々発信。 悩めるオーナーには読めば何処かに ヒントがあるかも・・・ 

新規お客様募集について、お問合せありがとうございました。

また、ご希望に添えなかったお客様には申し訳ありませんでした。

これで一旦募集を終了させていただきます。

☆☆ただいま新規の作業はお受けしていません☆☆

火、水定休:

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

BNR32 燃料タンクのひび割れについて

先日、BNR32の燃料漏れでタンク交換をしましたが
その後、来店されたお客さんの車両を点検してみると
かなり高い確率でタンクのひび割れを発見します。
こうなると中古部品で全て対応する事は難しくなります。
燃料漏れが発生する前の修理をお勧めします。

まず、32オーナーの方は今一度点検をお願いします。
タンク運転席側の取付けバンドのすぐ右横、
タンクプレスラインよりも
上辺りをよく見てください。
場所が場所ですのでしゃがみ込んで上を見上げる形になります。
画像は私の車輛の物です。
この様に亀裂が走っている場合もありますが、
線がスッと入っている程度の車輛もあります。

修理はボンド等による接着より、熱で溶かす溶着をお勧めします。
接着では作業に失敗した時やさらに劣化した時に再修理が難しくなります。
タンクのひび割れを発見したら、お世話になっている工場や
ショップさんに相談してください。
樹脂溶接をやっている板金屋さんでも修理をお願いできると思います。



DSC02422_20201112154938d0e.jpg 

コロナ対策の「来店前のご連絡」と「マスクの着用」
を引き続きよろしくお願いします。








スポンサーサイト



青いBCNR33 とガンメタBNR32

今日のシングルハートの裏側
今日はめっちゃ暖かかったけれど
夕方になるとやっぱり冷えてきた・・・。

DSC03040.jpg

最近朝起きられない二代目。
起きて家を出るまで30分なんて
落ち着かなくて嫌だなぁ。



~~~~~~~~~~





リアのシャーシ来ファインでお預かり中の青い33
これは仮組みが終わった時の様子です。
台上に移動し車高調整
ライドハイトを再現してのブッシュ締付けが終わり
今からアライメントに入ります。
DSC03039.jpg




A/Fチェックその他でお預かりのガンメタ32
燃料ポンプ交換もご依頼いただきましたので
作業に取り掛かったところ
燃料タンクのフタに当たる部分に
亀裂が入っていました。
これぐらいであれば何とか修理が出来るかなと
思いましたが、外したところ他の部分にも
亀裂が入っており、中古部品と換える事にしました。
A/Fチェックで少し走ってみると
O2フィードバック領域にも関わらず
空燃比がバラバラです。
そう言えば車検の時も排ガスの数値がおかしかったなぁ
と思い出しました。
また、オーナーからは燃費は良くない、リッター5キロぐらい
だと聞いていました。
スキャナーで見る限りはリーンとリッチの信号を
交互に出してはいるのですが
やはO2センサーが怪しいです。
交換をしてみます。
DSC03041.jpg

青いBNCNR33、シャーシリファイン途中経過

今日のシングルハートの裏側
寒い。

朝がつらい。
ぬくぬくしたい。

予報通り今年の冬は寒い。
DSC03038.jpg

新学期になって週末も課外授業やら模試やらで
ずっと学校に行っている二代目。
今月はほぼ休みなし。

コロナ心配。


~~~~~~~~~~




リアのシャーシリファインでお預かり中の青い33
リアデフの状態を見ます。
元々ベアリング交換、ギアはWPC処理をする予定でしたが
トータルプリロードが1.1N・mと状態の良さを感じます。
DSC03030.jpg




バックラッシュを測定してみると
0.13~0.15mmと非常に良い状態です。
予定を変更して大きくは分解せず
シール交換だけの作業にしておきます。
DSC03031.jpg




デフサイドのアクチュエーターを外したところです。
アクチュエーターとデフケースはOリングで
シールされるのですが、この部分が錆びてしまうと
アクチュエーターが分解出来なかったり
分解出来ても再使用が厳しい場合があります。
このデフは大丈夫です。
錆は周辺部だけで中までは来ていません。
DSC03034.jpg




随分とブログをさぼってしまっていましたが
車輛側は折り返しまで来ています。
ブッシュを交換したリアメンバーと
トリプルクロスバーは車輛に装着済です。
DSC03036.jpg

白いBNR32、クラッチ交換がもうすぐ終わります。

今日のシングルハートの裏側
天気は良いけど寒くて肩がこる

DSC03028.jpg

3連休の初日
二代目は出かけて行きましたよ( ;∀;)
今までも外出時に十分気を付けていたとは思うけれど
感染率が高いと言われている
オミクロンコロナが怖い。
すごい増えよう。

~~~~~~~~~~





クラッチ交換でお預かり中の白い32
フライホイールはNISMOです。
クラッチディスクとカバーはエクセディの青箱です。
所謂、純正同等の補修品です。
以前オーナーからクラッチ操作が辛くなってきた
という話を聞いていたので
あえてスポーツクラッチは勧めず
この選択となりました。
補修品を使うにしても32純正サイズのΦ240ではなく
33用のΦ250のクラッチを使おうか、とも思いましたが
補修品であってもかなり高価でしたので
Φ240純正サイズのままで行くことにしました。
DSC03025.jpg








トランスミッションは高圧洗浄機を使い
出来るだけ綺麗にしました。
都度綺麗にしておけばオイル漏れなどの不具合も
分かりやすくなると思います。
DSC03026.jpg








トランスミッションのリアシール
実際にはトランスファーのリアシールになりますが
オイルが滲み始めていましたので
ここも交換をしておきます。
プロペラシャフトが外れている今は
交換には絶好の機会です。
DSC03027.jpg

白いBNR32、クラッチ交換でミッションを外しました。

今日のシングルハートの裏側
午前中に雪が降りました。
午後からは回復する予報でしたが
結構な降り方だったので心配しました。

DSC03023.jpg

いよいよ高校3年生のゼロ学期が始まりましたよ。
課題の問題集はほとんど入試対策って書いてある。
覚悟の一年だよね・・・。
現役受験生の本番もいよいよだし



~~~~~~~~~~



クラッチ交換でお預かりの白い32
シフトレバーを取り外す作業に掛かりました。
ミッション側のブーツが破れており
真上にあるボディのシフトホールをふさぐカバーも
オイルまみれの上、オイルのせいで劣化したのか
割れていました。
この辺りの部品も値段が上がって来ているので
シフトのブーツ破れも早目に直した方が良いかも知れません。
DSC03020.jpg




ミッションを降ろし、
クラッチカバークラッチディスクを取り外し
フライホイールもNISMOの軽量品に変更するため
純正品を外しました。
前もってお客さんにクランクリアシールの交換を
お話していたので、予定通り交換をします。
酷い状態ではありませんがわずかにオイルが
シールからしみ出しています。
パイロットブッシュも交換です。
DSC03022.jpg

白いBNR32、やっとの事でトラブル解消

今日のシングルハートの裏側
外は寒かったけど
天気が良くて日中の車の運転は暑かった。

DSC03016.jpg

高校生は明日から新学期。
当然だけど
いきなり実力テスト。



~~~~~~~~~~




年末のブログが尻切れトンボになってしまいましたが
気を取り直して、明けましておめでとうございます。

年末営業終了後の作業の様子を振り返ってみたいと思います。
色々なトラブルでお預かりをしている白い32
オイルクーラーコアをラジエーター前から
バンパー左側へ移動するため取り外した後、
エアコンラインを元に戻そうとした
その時、大事故発生。
リキッドタンクからフロントグリル裏を通る
パイプの接続ナットがなんと割れてしまいました。
ナットを手で締めたあとスパナで回していくと
あれ、結構締まっていくなと思ったら
ナットが割れて破損してしまいました。
この配管はもうずいぶん前に製廃しています。
どうしようどうしよう、と思っていた時に
ラジエーター屋さんですがパワステやエアコンの
ホース配管を修理してくれる梅岡ラジエーターを思い出し
電話をして早速修理に持って行きました。
DSC03006.jpg




新しいナットを付け直してもらって
翌日には修理が終わっていました。
修理だけでなく表面が腐食していたパイプも
綺麗になって圧力検査もして頂き
安心して使えます。
まだ何とか年内の納車に間に合いそうでした・・・。
DSC03017.jpg




オイルクーラーコアを移動するとともに
エンジンオイルのオーバークールを防ぐための
バルブを取り付けました。
通常バイメタルで作動するサーモスタットを
手動で切り替えられるようにしたものだと思ってください。
オイルクーラーに行くホースと戻ってくるホースに
ショートカットする通路を付けてそこにバルブを取り付けました。
油温を下げたくない時はこのバイパスバルブを開けると
抵抗の多いオイルクーラーの方に流れる量が減り
オイルクーラーを流れずに戻っていくオイルが増えます。
完全に止めてしまう方法も無くはないのですが
バルブの信頼性を考えると、この回路に落ち着きました。
DSC03010_20220105173241092.jpg




エンジン不調とバッテリー上がりのトラブルは
停車中の一晩でバッテリーが上がるので
問題は常時電源回路で起きていると判断し
インジェクターのドロッピングレジスターが
発熱していることも分かり、インジェクターの配線に
問題がある事が分かりました。
インジェクターの配線を見えている所だけでもと
触ったりゆすったりしていると
パワステリザーブタンクの横にあるコネクターを
ぐっと押し付けるとエンジンの調子が良くなる事が分りました。
そこで、コネクターを交換して一晩様子を見ましたが
バッテリーは上がりませんでした。
よし、これで直った。
12月31日午後3時にお客さんと約束をしていて
30分前にすべての作業が終了し
やれやれ、と思っていると
エンジンの音がおかしくなってきました。
エンジンを切り、バッテリー上がりの目安となる暗電流を測ると
1.6Aもあります。直ってないじゃん。
ご来店頂いたオーナーに説明をし
このままお預かりしたままになりました。
DSC03013.jpg




本日、やっと白い32の作業が再開できました。

元日からは自分の車の車検整備をしていました。
普段、乗りっぱなしになっているので
かなりの整備量です。
今日何とか車検を通す事が出来ました。

コネクター部分を触れば
エンジンが調子良くなったり悪くなったりするので
この近辺に問題がある事は明白です。
まず、コネクターからエンジン側を見ていこうと
パワステリザーブタンクの固定ボルトを外して
配線を覗いてみると、ハーネスがタンクに潰された跡があり
何だか茶色っぽくもなっています。
タンクがボディに当たりサビが飛んでいる所もあります。
ハーネスを押すぐらいでトラブルが起きるとは
あまり思えなかったのですが
タンクをずらしてから暗電流が下がったままで
バッテリー上がりが起きるような電流値にはなりません。
ここでやっと本当の原因が分かりました。
DSC03014.jpg




タンクが押していたハーネスの被覆が破れ
タンクに導通し、ショートを起こしていました。
これが5番インジェクターのプラス側の配線です。
その上流にはドロッピングレジスターが存在しますので
ここでショートしても電気回路としては成立してしまい
ヒューズが飛ぶことはありません。
レジスターで電気を大食いしてバッテリーが上がるだけです。
これでエンジン不調とバッテリー上がりが
同じ原因によるものだと説明も出来ます。
画像は検電テスターを配線の損傷部分に触っただけで
通電ランプが点いている様子です。
結果を急いで的を外す事もありましたが
何とか修理が終わって安心しました。
DSC03015.jpg

白いBNR32、三つのトラブル

今日のシングルハートの裏側
午後からちらちらと雪が降っています。

DSC03005.jpg

クリスマスも終わって
スーパーの棚は一気にお正月色。
普通のかまぼことか漬け物は片付けられちゃって
全部お正月バージョン・・・。
高いんだよね。





~~~~~~~~~~


エンジンオイル漏れ、エンジン不調、バッテリー上がりで
お預かり中の白い32.
オイル漏れはオイルクーラーのホースから漏れています。
一晩で2リッターほど漏れてしまい、
危うくエンジンが焼き付くところでした。
サーキットカーでは無い車輛には
オイルクーラーは必要ないと言う持論の私ですが
オーナーの希望でオイルクーラーのホース修理
となりました。
オイルクーラーはコンデンサー前から
バンパー内助手席側に移動です。
秋冬春のエンジンオイルオーバークールを
出来るだけ改善出来るように細工も追加します。
これは後程。
エンジン不調はスキャナーのパワーバランスで
確認をすると、5番シリンダーに反応がありません。
パワトラかコイルかと交換するも変化なし。
プラグを見てみると綺麗なモノです。
ガソリンで湿ってもいないし黒くもなっていません。
どうやらインジェクターが作動していないようです。
バッテリー上がりは、充電しておいたバッテリーでも
一晩で上がります。
年内に納められるよう頑張っています。
DSC03004_20211226172724a6a.jpg

白いBNR34、サード550ccインジェクター

今日のシングルハートの裏側
一日暖かかったです。
夜には崩れる予報ですが。

DSC03003.jpg
そう言えばクリスマスイヴ
我が家には関係ないけどね🎄

水曜日が終業式だった二代目。
長い冬休みの始まり・・・。
二学期の評定も返って来たけれど
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
って感じ。




~~~~~~~~~~









インジェクター交換でお預かり中の白い34
この車両はエンジンの始動性が悪く
キーをひねっただけでは掛からない事が多く
アクセルを補助で踏み込んでやると掛かります。
始動性の悪化は色々な原因が考えられ
今まで簡単に試せる事はやってきました。
単純にセンサーやアクチュエーター、プラグ交換
等です。
それでも思ったような効果が得られず
宿題となっていました。
自分の32も始動性が悪いまではいかないのですが
クランキングが長いなぁと感じていましたが
いつの間にかクランキングが始まる瞬間に
エンジンが掛かるようになりました。
思い返すとインジェクター交換がきっかけでした。
サードやデッチワークスのインジェクターを
色々と取り換えて試した事がありました。
今回34に使用したインジェクターは
サードの550cc12ホールインジェクターです。
特に始動性が良いという訳ではないのですが
今までの実績から採用しました。
結果は、始動性が改善されました。
純正インジェクターの始動時の吹き方に
問題があったかと思われます。
燃料ポンプの立ち上がりも少し弱いのか
イグニッションオンで燃料ポンプが作動し
その後止まるのを待ってからスターターを回すと
確実に始動するようになりました。
DSC03002_20211224163607b11.jpg

パープルBNR34、ブレーキ交換

今日のシングルハートの裏側
午前中は快晴で
午後から曇り
遅くから雨らしい・・・。
寒くなりそう。
いやもう寒い。

DSC02999_20211216174558ef2.jpg

来週末には高校も冬休み。
二代目が貰って来たプリントには
「2年生の3学期は3年生のゼロ学期。」
と恐ろしい事が書いてあった…。




~~~~~~~~~~


ブレーキ交換でお預かりのパープル34
ローターサイズを純正からΦ355に大きくします。
この時に作業で注意する事があります。
ハブのローター当たり面を綺麗にして平滑化する事です。
この面が荒れていると、ローターの振れによって
キャリパーピストンのノックバックによる
ブレーキフィールの悪化や
ステアリングやブレーキペダルの振動にも繋がります。
ブレーキローターの大径化により純正の時には
気付かなかった振動を感じるようになる事もあります。
今回は念を入れてオイルストーンでハブ面を擦っています。
DSC02998.jpg

ガンメタBNR32、本日納車

今日のシングルハートの裏側
今日はちょっと暖かいです。

DSC02997.jpg

5時半過ぎに宇宙ステーションが
西から南に向かって
スゥ~~っと行くのが見えました。





~~~~~~~~~~

エンジンオーバーホールでお預かりをしていたガンメタ32
本日、納車いたしました。
エンジンは慣らしがあるのでまだ回せませんが
あぜ道とバイパスを少し走ってみました。
エンジンは、最近シングルハートではよく採用している
HKSのRB28ステップゼロにレイマックスストリートカムで
IN256度、EX248度。
これを更にストリート向けのバルタイで調整しています。
今回、初のパーツというとNISMOのR3ターボキットです。
34スタンダードターボと34N1ターボの良い所取り
という触れ込みのターボチャージャーです。
走り出してみると、
まさに34スタンダードターボの加速をします。
それこそ2000回転でもグイグイ来ます。
まだ高回転まで回せませんので
34N1の加速感を味わえるかどうかは分かりません。
それでも、下から使えるメタルタービンターボを
昔からメーカーに要望していたので、私としては
これからもよく使うターボになるだろうと思います。
DSC02995.jpg






さて、オーナーさん今日納車で
神奈川まで300キロ走ると言っていました。
特に連絡も無いので無事に目的地に着いたんでしょうね。
暫く慣らしですが、楽しみながら走行して下さい。
DSC02996.jpg

ガンメタBNR32、ターボチャージャーのウォーターパイプ水漏れ

今日のシングルハートの裏側
真っ暗で分かり難いけど
雨降ってます。

DSC02994.jpg

今日は一日中雨。
予報では明日も雨。
寒い。


~~~~~~~~~~




エンジンオーバーホールでお預かり中のガンメタ32
エンジンが車両に載り作業も終盤
というところでトラブル発生です。
クーラントを注水したところ
ターボチャージャーのウォーターパイプから
クーラントが漏れています。
今までターボチャージャー交換や
エンジンオーバーホールをしても
漏れた経験の無い場所です。
しかも分解分離をしていない継ぎ目からです。
DSC02991.jpg






ターボチャージャーのウォーターフィードパイプを
シリンダーに取り付けるコネクターです。
右に見える錆びたバンジョウボルトは
錆が酷かったため新品に交換をしていましたが
左にあるバンジョウコネクターまで
気が回りませんでした。
このコネクターにはフレアパイプが接続されるのですが
そのフレアが当たるシール部分がすっかり錆びています。
見た目にも表面がざらざらしています。
作業前は、錆ていてもシール部分に圧力が掛かっていく
状況ですので何とか漏れなかったようですが
分解で取り外し水分も抜けたところで
シール部分の隙間を埋めていた腐食物、錆などが
緩んでしまったのでしょう。
エンジンを掛けて圧を掛けた訳でもなく
注水しただけでぽたぽたと漏れてきました。
初めはパイプフレアにサビが見られなかったので
バンジョウコネクターだけを換えてみたのですが
やはり漏れてきます。
結局漏れていなかった後ろ側ターボ用のパイプも含め
ウォーターパイプも交換しました。
ここでやっと漏れが止まりました。
フレアに錆が見られなくとも、相手が錆て
シール面が荒れてしまったと推測できます。
また漏れを止めようと増し締めをし
必要以上にフレアを潰してしまったのも
水漏れを止める事が出来なかった原因です。

見えないところを推測して直していく修理が増えそうです。
DSC02992.jpg

青いBNR34、車検作業

今日のシングルハートの裏側
あ~~もう12月。

DSC02990.jpg

二代目のスクールコートを通販で注文した。
サイズ表記ELで対応身長が185~195。
ちょっとデカいんじゃないと不安だったけど
届いて着てみたらぴったりだった。
あと5センチほど大きくなっても大丈夫。




~~~~~~~~~~



車検でお預かり中の青い34
以前排ガスがダーティだったため
バルタイ変更をして車検にも通る様に調整しましたが
今回再度測定してみると結構ギリギリです。
測定方法によっては落ちてしまうかもしれません。
もう一度バルタイ調整をし直し
排ガスの基準値に収めました。
34は32、33に比べると排ガス試験が厳しいのですが
エンジンが劣化またはきちんと作り込んでいない場合
特にバルブシートの密着性が悪くなると
排ガスがダーティになってしまいます。
DSC02988_20211129171115f1f.jpg







オッと危ない!!
フロントのブレーキパッドですが
ブレーキの摩材が僅かになってパッドの裏板が
キャリパーからはみ出しています。
普通は摩剤が残っていればここまで裏板が
はみ出さないのですが、過去のローター研削で
かなりローターが薄くなっているようです。
オーナーに連絡を取ってローターとブレーキパッドを
両方とも交換します。
DSC02989.jpg

 | ホーム |  »

いらっしゃいませ

プロフィール

シングルハート

Author:シングルハート
GTR専門(^^ゞ
シングルハート一家の裏側も
ごあいさつ代わりに綴ってます(@^^)/~~~

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR

只今新規お客様の作業はお受けしていませんが、ご質問等はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: